Memosens 2.0は包括的なデータキャプチャ機能を搭載

測定値からさらに多くの情報を取得

Memosens 2.0を使用すれば、もう情報を逃すことはありません。この先駆的なセンサ技術により、液体分析に関するあらゆる情報を考慮してプロセス効率を最大限に向上できます。現在のプロセスに不安を抱いていらっしゃいますか?Memosens 2.0では、小さなステップから始めても、長期的には大きな相乗効果によるメリットが生まれます。

デジタルネットワーク化により、Memosens 2.0を使用していつでもすべての測定値を監視できます。 ©Endress+Hauser

デジタルネットワーク化により、Memosens 2.0を使用していつでもすべての測定値を、外出先であっても監視することが可能です。

シームレスな統合

Memosens 2.0では多くのインターフェイスおよびプロトコルが提供されているため、既存の機器やワークフロー、さらにはプラントアセット管理システムに統合可能です。この極めて高い柔軟性により、お客様のデジタルストラクチャを拡大する際に、システム全体を一度に交換する必要がなくなります。

確実なデータキャプチャ

Memosens技術は大量の関連情報を収集し、保管します。稼働時間、最小および最大値、校正履歴、またはローディングマトリックスなど、Memosens 2.0は重要な値を全て記録しています。

包括的な分析

個々のセンサからのデータは、すべてお客様固有の要件に基づいて分析し、次のステップのために準備して受け渡すことができます。これにはお客様独自の測定プロセスのみならず、機器コンポーネントのメンテナンスも含まれます。エンドレスハウザーのHeartbeat Technologyによって予知保全が容易になり、局所的な故障や完全なダウンタイムを最小限に抑えることが可能になります。

液体分析におけるHeartbeat Technologyについて、さらに詳しくご紹介します。

詳細を読む

Memosens 技術について詳細な情報をご希望ですか?

下記フォームより、お気軽にご相談ください。後日、担当者よりご連絡させていただきます。