校正の最適化

ドリフト、リスク、その他の問題を考慮し、プロセスのニーズに合わせて校正周期を最適化します。

お客様は、当然のように校正を行っています。しかし、なぜ現在の周期で校正しているか、その理由をご存知ですか?特定の計装の重要性やリスク特性は、お客様の手順において考慮されていますか?任意の指定期日に基づく校正周期では、法的義務を果たすことができるものの、それでは、機器の校正頻度が多すぎる、あるいは少なすぎることにもなり、リソースの浪費またはリスクの増加につながります。

校正の最適化 ©Endress+Hauser

お客様のメンテナンスルーチンを改善し、リスクとコストを削減するために、当社では「校正周期の最適化」を開発しました。

お客様のプロセスにおける機器固有の校正

データに基づいた校正の実施を検討してください。当社の特許取得済みの「校正周期の最適化」方法では、ドリフト、リスク、その他の問題が考慮されます。お客様と協力して、アルゴリズムと計測の専門知識を融合させることにより、当社の校正コンサルタントは最適化された校正プログラムを開発します。私たちは、ケースバイケースでお客様の校正を改善するための支援を提供し、リスクを軽減しながら、年間の校正回数を減少させます。

  • 個々に応じたアプローチと調整

    最適な校正周期で設定されている機器は、わずか20%

  • 校正周期延長の可能性

    当社の経験から、校正周期の67%は大幅な延長が可能

  • 従来の方法より高効率

    固定周期アプローチと比べて、許容範囲外での動作時間が46%減少

当社のホワイトペーパー「校正の進化」をダウンロードしてください。

校正間隔の最適化

校正手法の進化

校正間隔の最適化のメリットおよび校正への予測的アプローチについて