最適化された校正

お客様のプロセスに必要な校正周期を最適化します

校正の必要性はご存知と思いますが、お客様の現在の校正周期は特定の機器やプロセスを考慮に入れたものでしょうか? 任意の固定日付に基づく校正周期は、校正をすべての機器に対して行う場合、品質要件を満たせることもあります。しかし、校正が必要以上に頻繁に行われる機器と、十分な校正が行われない機器が存在することがあります。推量ベースの校正周期は、リソースの浪費とリスクの増加を招く可能性があります。

校正の最適化 ©Endress+Hauser

エンドレスハウザーの提案する校正サイクルの最適化は、校正データに基づいてお客様のメンテナンス作業を改善し、コストとリスクを低減します。

最適化された校正ルーチンの利点

リソースとプロセスの要件に適した個別の校正周期をご検討されたことがありますか?エンドレスハウザーの校正最適化手法Calibration Interval Optimizationは、ドリフト、リスク、およびその他の問題をルーチンに反映します。当社の手法、および当社の持つプロセスおよび計装の専門知識により、お客様は既存の校正データに基づいて周期を調整し、動的な周期で最も効率的な校正を実行できます。

  • 固有の条件に合わせた最適化

    最適な校正周期が設定されている機器はたったの20%です

  • 校正周期が長くなる可能性

    当社の経験では、校正周期の67%は大幅に延長できます

  • 従来の方法よりはるかに高い効率性

    固定日付に基づく校正周期と比較して、許容範囲外で動作する時間を46%短縮

ホワイトペーパー『校正手法の進化』をダウンロード

校正間隔の最適化

校正手法の進化

校正間隔の最適化のメリットおよび校正への予測的アプローチについて